Mac、iPhone、iPad

アップル製品の悩み解決!

RolandエアロフォンAE-10、Macに電子サックス演奏を取り込む方法

   

サックスの演奏を、Macに録音して編集できます。
  • Rolandウインドシンセサイザー
  • 製品名、Aerophone
  • 型番、AE-10

RolandのウインドシンセサイザーAE-10

自宅で騒音を気にせず、サックスを演奏できます。

自宅でサックスなどの楽器の演奏をするには、騒音が最大の悩みです。
本物のサックスを自宅で演奏すると、音が大きすぎて、近所迷惑になります。

サックス演奏の練習では、音楽スタジオを借りるか、カラオケ屋さんが定番です。
学生さんは、河原や海辺、大きな公園などの、広い屋外で練習してますよね。

ウインドシンセサイザーなら、音量が調整できるので、自宅でも騒音を気にせず、サックスの演奏が楽しめます。

Macで音楽を編集する。サックス音源が弱点

Macで、サックスの曲を作るために、エアロフォンAE-10を購入しました。

私は、音楽の編集にMacのアプリ「GarageBand」を使っています。

「GarageBand」では、ドラム系の音源や、ピアノ系やギター系などの音源は、充実しています。
しかし、サックスの曲を作りたいのですが、「GarageBand」は、サックスなど管楽器系の音源が弱点です。

ドラムやピアノの演奏は「GarageBand」の打ち込みで作り、サックスの演奏は、エアロフォンAE-10を自分で演奏した音源をMacに録音して曲を完成させます。

本物のサックスだと、マイクで周囲の雑音も拾ってしまいます。
そのため、できるだけ雑音が少ない夜間に録音したいのですが、夜間だと近所への騒音が出るので、本物の楽器では不可能なんです。

ウインドシンセサイザーは、自宅でサックスを演奏するのには、絶対欠かせません。

エアロフォンAE-10の演奏をイヤホンで聴く方法

イヤホンで自分の演奏を聴けば、周囲への騒音なしで演奏できます。

音声の出力端子と、音声の入力端子の2つがあります。

音声出力は、6.3mmの標準端子

エアロフォンAE-10からの、音声出力・アウトは、6.3mmの標準端子です。

スピーカーなどへの出力、ヘッドホン・イヤホンへの出力は、このアウトの6.3mm標準端子で出力します。

エアロフォンAE-10には、出力や入力に使うケーブルなどは、付属していません。全て別売りです。

iPhone付属のEarPodsなどの、一般的なイヤホンは、3.5mmのミニ端子です。
このエアロフォンをイヤホンで聞くには、6.3mm標準端子・3.5mmミニ端子の変換プラグが必要です。

変換プラグは、ステレオ対応の製品を使います。
モノラル用の変換プラグだと片側しか音声が出ません。

6.3mm標準端子・3.5mmミニ端子のステレオ変換プラグは、100円ショップのダイソーで購入できますよ。

音声入力は、3.5mmのミニ端子

エアロフォンAE-10への、音声入力・インプットは3.5mmのミニ端子です。

この入力端子からの音源は、エアロフォンAE-10の内蔵スピーカーから出力できます。

  • iPhoneから出力した音楽をエアロフォンに入力
  • エアロフォンの出力端子にイヤホンを接続

こうすれば、エアロフォンに接続したイヤホンから、エアロフォンの演奏と、iPhoneの音楽を、同時に聞くことができます。
たとえ夜中でも、騒音を一切出さずに、iPhoneの音楽に合わせて、サックスの演奏を大音量で楽しむことができます。

iPhoneと、エアロフォンAE-10の音声入力端子との接続は、3.5mmのミニ端子で「オス-オス」のタイプを使います。
これも100円ショップで購入できます。

100円ショップの「オス-オス」3.5mmミニ端子ケーブルって、ケーブル長が短いんですよね。
ただ、iPhoneをポケットに入れた状態で、エアロフォンと接続すれば、ケーブル長が短くても十分です。

延長ケーブルも100円ショップに売っていますが、ノイズが大きくなるので、やめた方が無難です。

MacにエアロフォンAE-10の演奏を録音する方法

Macがヘッドホン端子だけの場合は、ライン入力にUSBオーディオ変換アダプタが必要です。

オーディオ入力端子がないMacの場合は、USBタイプの外付サウンドカードが必要です。
私が使っているMacBookAirも、オーディオ入力がないので、このUSBオーディオ変換アダプタを使っています。

UGREEN USB オーディオ 変換アダプタ 外付け サウンドカード USB 3.5mm ミニ ジャック ヘッドホン・マイク端子 高音質 PS4,MacBook,Mac Mini,iMac,Windows PCなどに最適 ブラック

これを使えば、エアロフォンAE-10の演奏を、Macに取り込むことができます。

AE-10の出力端子は「6.3mm標準」で、Macのヘッドホン端子は「3.5mmミニ」です。
3.5mmのミニ端子「オス-オス」タイプのケーブルなら、6.3mm標準端子・3.5mmミニ端子の変換プラグが必要です。

  • (MacのUSB端子)ー(オーディオ変換アダプタ)ー(AE-10の出力端子)

MacのUSB端子に、オーディオ変換アダプタを接続します。
そして、オーディオ変換アダプタのマイク入力と、AE-10の出力端子を接続します。

この接続状態で、エアロフォンAE-10を演奏すれば、Macに演奏を録音することができます。

Macの音楽アプリ「GarageBand」で、録音した曲を編集できます。

録音しながら、演奏をスピーカーから出力

もちろん、Macに録音しながら、自分の演奏を聴くことができます。

Macと、エアロフォンAE-10の出力端子を接続すると、AE-10の内蔵スピーカーからは、音がでなくなります。
このままでは、Macで録音する時に、自分の演奏している音が聞こえないので、設定を変更します。

「メニュー」の「スピーカー」の設定は、初期設定では「Auto」になっています。
「Auto」とは、出力端子にイヤホンなどを接続した時だけ、内蔵スピーカーから音を出さないように自動的に切り替える設定です。

この設定を「ON」に変更すれば、内蔵スピーカーが、常時ONの設定になります。
出力端子にイヤホンなどを接続しても、エアロフォンAE-10の内蔵スピーカーからも音が出ます。

これで自分の演奏している音を聞いて確かめながら、Macで録音することができます。
Macの録音が終わったら、設定を「Auto」に戻しておきましょう。

Mac「QuickTimePlayer」アプリでも音声ファイルが作成可能。

Macのクイックタイムでも、音声が録音できます。



音声を録音するだけなら「QuickTimePlayer」でも、拡張子が「.m4a」の音声ファイルが作成できます。

パソコンとの接続用のUSB端子

AE-10のUSB端子では、演奏の録音はできません。

エアロフォンAE-10には、USB端子があります。
端子の形状は、「タイプB」です。

このUSB端子は、パソコンとの接続に使います。

USB経由でのパソコンとの接続は、ソフトウェアの更新や、設定のバックアップなどに、使用します。
不具合が特になく、必要がなければ、このUSB端子は使いません。

このUSB端子は、ソフトウェア更新などが目的のため、演奏をMacに取り込む目的では使えません。

ちなみに、USBケーブルは付属してなく、別売りです。

RolandエアロフォンAE-10の外観

これがウインドシンセサイザーの、エアロフォンAE-10です。

AE-10、マウスピース

AE-10、左手部分

AE-10、オクターブキー

エアロフォンAE-10では、左手のオクターブキーは、ボタン式です。

AE-10、右手部分

AE-10、右手フック

右手フックの近くに、液晶モニターがあります。

AE-10、内蔵スピーカー

内蔵スピーカーは2つあります。

本体の最下部に、前方へのスピーカーがあります。
もう一つのスピーカーは、演奏者が聞きやすいように、右手部分の上部にあります。

AE-10、電源レバー

電源のオンオフは、スライド式のレバーです。

AE-10、電源コード接続部分

AE-10、単3電池6本でもOK。

電池を入れると、ワイヤレスでの演奏が楽しめます。

Macで音楽や映像を制作するアプリ

私は、Macで音楽を作る時には、標準アプリの「GarageBand」を使っています。

映像を作る時には、アップル純正の映像アプリの「FinalCutProX」です。

「FinalCutProX」の映像に、「GarageBand」で作った音楽を挿入します。
もちろん、簡単な映像制作なら、Mac付属の標準アプリ「iMovie」でOKです。

 - Mac, 家電