Mac、iPhone、iPad

アップル製品の悩み解決!

アップルウォッチでスクリーンショットが撮れない時の設定方法

      2018/12/26

iPhoneでウォッチのスクショを有効にして、デジタルクラウンとサイドボタンの同時押しです。

Apple Watchのスクリーンショット撮影方法

アイフォンでAppleWatchのスクリーンショット設定をONにする。

まずは、iPhoneで設定を有効にします。

アップルウォッチでスクリーンショットを撮影するには、事前にアイフォンの設定が必要です。
iPhoneの「ウォッチ」アプリの「一般」の中の、「スクリーンショットをオンにする」を有効にします。

これで、アップルウォッチのスクショの事前準備が完了です。

ウォッチの「デジタルクラウン」と「サイドボタン」を同時押し

ボタン2つを、同時に押して離す。長押しじゃダメですよ。

スクリーンショットの撮影は、アップルウォッチの「デジタルクラウン」と「サイドボタン」、2つのボタンを同時に、カチッと、押し込んだら、すぐに離します。

ポイントは、押したら、すぐに離すこと。

長押ししたままではダメで、スクリーンショットは撮れません。

スクリーンショットが撮影できたら、ウォッチの画面全体が一瞬だけ白くなります。
iPhoneのスクリーンショットの撮影成功の時と同じですね。

片方を長押ししながら、もう一方をカチッと、押して離してもOKです。

スクショの保存先は、iPhoneの写真アプリ

AppleWatchのスクリーンショットは、iPhoneの写真アプリに保存されます。

アップルウォッチを中を探し回っても、画像はありません。

iPhoneの写真アプリの、「カメラロール」で、スクリーンショットを確認しましょう。

以上、アップルウォッチのスクショ撮影方法でした。

 - Watch