Mac、iPhone、iPad

アップル製品の悩み解決!

iPad iPhone

iPhone、iPadの外付けキーボード、Caps lockキーで日本語・英語切り替え、iOS11から言語の入力切り替えが便利に進化。

Capslockキーだけで、言語を切り替え可能です。

iOSの外付けキーボード、キャプスロックキーで言語切り替え

日本語入力と英字入力の切り替えは、1つのキーだけでOKです。

iOSの外付けキーボードでの、言語切り替えの基本操作は、
「control + space」、2つのキーを同時押しです。

この基本操作では、日本語から英語のアルファベットを入力する時に、わざわざ2つのキーを同時に押す必要があります。

iOSでの設定方法、Caps lockキーで言語切り替え

iPhone、iPadで、簡単に設定できます。

設定方法は、「設定」「一般」「キーボード」「ハードウェアキーボード」で、
「Caps lock 英字切り替え」を有効にします。

iPhoneに外付けキーボードを接続すると「ハードウェアキーボード」の項目が表示されます。

言語切替方法が2通り、「Caps lockキー」、「control + space」

Caps lockキーに言語切り替えを、割り当てても、これまで通りの「control + space」でも切り替え可能です。

  1. 「Caps lockキー」を押す。
  2. 「control + space」を同時に押す。

この2通りの方法で、日本語と英語の切り替えが可能になります。

Macの言語入力モードの切り替えは専用キー1つ。

「control + space」同時押しは、馴染みがない。

Macのキーボード、言語切替は「かな」「英数」キー。

この「control + space」同時押しに、操作に慣れている人なら、全然問題ないのかもしれません。
Macでも、キーボードをあえて日本語のJIS配列ではなく、英語向けのUS配列にしている人は、言語切り替えは、普段のMacでも「control + space」同時押しの操作を使っています。

しかし、多くのMacを使う日本人は、「control + space」同時押しの操作には慣れていないはずです。

私のMacは日本語JIS配列です。
なので、キーボードに言語切り替えの専用キー「かな」「英数」キーがあります。
Macでは、言語切り替えは、その1つのキーで可能なのです。

アップル純正以外の、キーボードには、「かな」「英数」キーがありません。

iPhoneの外付けキーボード、1つのキーで、言語を切り替えられるようになりました。
これって、地味ですけど、iOSで外付けキーボードを使ってる人にとっては、すごい進化です。

アップル純正キーボードでは、「かな」「英数」キーで言語切り替え。

言語切り替えが、純正の優位点でした。

  1. 「かな」「英数」キーを押す。
  2. 「Caps lockキー」を押す。
  3. 「control + space」を同時に押す。

JIS配列のアップル純正キーボードでは、「かな」キーと「英数」キーで、日本語と英語を切り替えられます。

Macのキーボードにも、当然、「かな」キーと「英数」キーがあります。
アップル純正キーボードは、モバイル用のキーボードではなく、iMacなどのデスクトップ用キーボードなので、当たり前ですね。

以前から、純正キーボードでは、キー1つで、言語の切り替えができたので、これが純正キーボードの優位点になっていました。

ただし、アップル純正キーボードでも、US配列の場合は、「かな」「英数」キーがないので、「control + space」2つのキーの同時押しで、言語を切り替えます。
MacでもUS配列のキーボードでは、同じように「control + space」2つのキーの同時押しです。

Caps lockキーは、Windows用のキーボードにもあるので、どんな外付けキーボードを使っても、1つのキーで、言語の切り替えが可能です。

弱点は?、Caps lockキーで言語切り替え

ほとんどの人には影響はないはずです。

Caps lockキーに言語の切り替えを割り当てると、Caps lockキー本来の使い方ができなくなります。

Caps lockキーを本来の使い方で、英語入力をメインにしている人にとっては、逆に不便になります。

日本語入力がメインの人にとっては、もともとCaps lockキーなんて、ほとんど使わないので、かなり便利な機能なのは事実です。

まとめ

「capslockキー」の設定をして、キー1つで切り替えよう。

iOSの外付けキーボードでは、設定をすれば、caps lockキーで、日本語入力と、英字入力を、切り替えることができます。
また、基本操作の「control + space」でも、日本語入力と英語入力を切り替えることができます。

キー1つで、言語の入力モードが変更できるので、iOSでのテキスト入力の使いやすさがアップします。

もちろん、アップル純正キーボードでは、「かな」「英数」キーでも言語切り替えができます。

-iPad, iPhone

関連記事

iPhoneで英会話、スロー再生・倍速再生する方法、標準アプリと専用アプリを比較

英語のリスニングCDを、iPhoneで速度を変えて聴く方法です。 iPhoneの標準アプリで再生速度を変更する方法 無料アプリ「語学プレイヤー」で再生速度を変更する方法 iPhoneで英語教材CDをリ …

画像で解説、iPhoneのAirDropどこ?、コントロールセンターに表示されない。

コントロールセンターを、3Dタッチ強押しで出てきます。 コントロールセンターで3Dタッチ強押し、AirDrop設定 3Dタッチ強押しで、AirDrop設定が出てきます。 iPhoneから、写真などを便 …

iCloud容量不足でiphoneがバックアップできない時の増量なしでの対処方法

iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができなくても、増量なしで対処できます。 iPhoneバックアップに失敗 iPhoneバックアップの設定方法です。 「このiPhoneをバックアップ …

ソフトバンクのiPhone、迷惑メールを完全にブロックする設定方法、キャリアメール(@softbank.ne.jp)

ソフトバンクのキャリアメール(@softbank.ne.jp)の、迷惑メール対策です。 たまにしか使わないキャリアメール、迷惑メールを撃退する設定方法です。 迷惑メールが多い、キャリアメール 普段は「 …

iPhoneとiPad、iOSで外付けキーボード。アップル純正キーボードと非純正を比較の体験談。

iOSで外付けキーボードを使った体験談をまとめました。 iPhoneの外付けキーボード比較 外付けキーボード、3種類 アップル純正キーボード BUFFALO、BSKBB24 折畳式、ブッキーポケット …