Mac、iPhone、iPad

アップル製品の悩み解決!

Mac

体験談、MacBookAirの13インチ、2018年Retinaディスプレイモデルを購入

MacBookAirの13インチ、2018年Retinaディスプレイモデルを購入しました。

メモリは8GB、ストレージのSSDは「256GB」にしました。

MacBookAirの2018年Retinaディスプレイモデルを開封します。

箱を開けると、スペースグレイのMacBookAirが現れました。

付属品はMac本体の下に収納

本体の下に、付属品が収納されています。

説明書などの下に、USB-Cの充電器です。

MacBookAir、色はスペースグレイ

Appleロゴのシールの、本体の色に合わせて、スペースグレイです。

MacBookAir本体は、フィルムに包まれています。

フィルムを取り外した本体です。

本体を開くと、突然、電源が入りました。

MacBookAir2018では、画面を開くと、自動的に電源がONになる使用のようです。
旧型のMacBookAir2017までは、電源ボタンを押すと、電源が入っていました。

MacBookAir2018の電源ボタンは、TouchIDボタンとの共用なので、ボタン自体に電源記号の印字はありません。

TouchIDで指紋認証、MacBookAir2018

TouchIDは、電源ボタンと共用です。

スリープ状態から復帰するロック解除は、TouchIDで指紋認証するので、パスワード入力は不要です。

パスワードを自動入力する「キーチェーン」でも、TouchIDで認証ができます。
iPhoneやiPadと同じ指紋認証なので、スピーディな認証が可能です。

また、パスワードで保護した書類でも、TouchIDの指紋認証でロックが解除できます。

いやー、TouchIDは快適ですね。

第3世代のバタフライキーボード

タイピングの感覚には、すぐに慣れました。

MacBookAir2018のキーボードは、第3世代のバタフライ構造が採用されています。

MacBookAir2017までのキーボードは、個人的に使いやすくてタイピングの感覚も好きでした。
それだけに、MacBookAir2018のバタフライキーボードは、ストロークが小さく、打ち辛いのかなって思ってました。

でも、実際に使ってみると、1日もあれば、十分慣れてしまいました。
今では、旧型MacBookAir2017のキーボードの方が違和感があります。
人間の適応力って、すごいですよね。

第3世代のバタフライ構造では、キーの内部がシリコンで保護され、砂粒などの異物が入りにくく改良されています。

MacBookAir13の2017からの買い替え。

MacBookAirの13インチ、Mid2017モデルからの買い替えです。

旧型MacBookAirから、新型MacBookAirへの買い替えなんですが、年式はたった1年だけの違いです。

ただ、年式がたったの1年違いでも、液晶モニターがRetinaディスプレイになったことで、全く違った使い心地になりました。
小さな文字でも、くっきり見える、Retinaディスプレイを使ってみたら、もう旧型のMacBookAirには戻れないと感じました。

MacBookAir2018には、とっても、満足しています。

この新しいMacBookAir2018を使って、これからはPC生活を楽しみます。

-Mac

関連記事

体験談、MagicMouse2のシルバー、MacBookAir2017とセットで購入

アップル純正「MagicMouse2」は、高機能でかっこいい。 「Magic Mouse 2」 マジックマウス2の主な特徴です。 Bluetooth接続でワイヤレス ボタンもホイールもなし。 マウス表 …

Mac「ライブラリ」フォルダを簡単に表示する方法

Macのライブラリフォルダを表示する、3つの方法です。 ライブラリフォルダを表示する3つの方法 「ライブラリ」フォルダは、隠しフォルダなので普通は表示されません。 「フォルダへ移動」でパス指定する方法 …

Macで接続するWi-Fiの優先順位を変更、画像で具体的に解説

Macが、遅いWiFiに繋がっちゃうとイライラしますよね。 外出先では、いろんなWiFiの電波を拾ってしまい、 速度の遅い無料WiFiに、なぜか繋がることもあります。 Macで接続したいWiFiの優先 …

MacのターミナルでFTPが廃止、High SierraからはSFTPで。

MacOSのHigh Sierraからは、セキュリティ強化のため、FTPが廃止されました。 MacのFTP、セキュリティ強化で廃止 FTP、File Transfer Protocol FTPとは、フ …

iMovieで動画同士をピタっと揃える、吸い付くようにくっつく編集方法の切り替え

「iMovie」と「FinalCutProX」の編集で便利な「スナップ」機能です。 iMovieのスナップ機能 「スナップ機能」のON・OFFの切り替え方法です。 iMovieで、タイムライン内で編集 …