Mac、iPhone、iPad

アップル製品の悩み解決!

画像で解説、iPhoneのAirDropどこ?、コントロールセンターに表示されない。

   

コントロールセンターを、3Dタッチ強押しで出てきます。

コントロールセンターで3Dタッチ強押し、AirDrop設定

3Dタッチ強押しで、AirDrop設定が出てきます。

iPhoneから、写真などを便利に送受信できるAirDrop。
このAirDropは初期状態では、受信できないので設定変更が必要です。

AirDropは、コントロールセンターから設定します。

コントロールセンターをみても、このAirDropの設定は表示されていません。
機内モード、WiFiなど、通信関係の設定の部分に、AirDrop設定が隠れています。

通信関係の部分の、画面を深く押し込む操作の、3Dタッチ強押し。
そうすると、AirDropの設定が出てきます。

・受信しない
・連絡先のみ
・すべての人
この3つから設定を選びます。

以上で、AirDropの設定は終わりです。

コントロールセンターのデザインは、iOS11から大きく変更されました。

iOS10以前に慣れた人は、エアドロップができない。表示されない。見つからない。なくなった。消えた。
現在のコントロールセンターを見ると、焦ってしまうようです。

コントロールセンター以外でも、設定アプリを使えば、AirDropの設定は可能です。
ただし、設定アプリでは、手順が多く面倒です。

AirDropは、使い終わったらオフにする。

つけっ放しは、知らない人から、送信される可能性、注意しましょう。

「すべての人」から受信に設定していると、人混みの中で、知らない誰かからファイルが送信されてくる可能性があります。

また、AirDropでは、iPhoneの名前も公開されるので、「自分の名前のiPhone」のように、人混みで自分の名前まで公開することになります。

AirDrop設定は受信の設定、発信は設定不要

この設定は、相手からAirDropを受信するための設定です。

このAirDropの設定は、自分のiPhoneを相手に公開する設定です。
公開範囲の人から、AirDropが受信可能になります。

自分のiPhoneから画像などの、ファイルを送信する場合は、このAirDropの設定は関係ありません。

自分からAirDropでファイル送信をする場合は、受信する相手に、AirDropの公開範囲を設定をしてもらいます。

自分が送りたい場合は、相手に設定してもらいます。

写真以外のファイルも送信可能

AirDropでは、写真だけじゃなく、いろんな種類のファイルが、送受信できます。

例えば、写真ファイル以外にも、動画ファイルやPDFファイルも送受信可能です。
アップル純正のオフィスファイル、Pages、Numbers、Keynoteも大丈夫。

また、マイクロソフトOfficeのWord、Excel、PowerPointのファイルも、送受信ができるのです。

設定アプリを使ったAirDrop設定方法

コントロールセンターを使わなくても、設定アプリからでも、AirDropの設定ができます。

「設定」>「一般」>「AirDrop」と進むと、
・受信しない
・連絡先のみ
・すべての人
3つの中から公開範囲が選べます。

以前のAirDrop設定

iOS10までのコントロールセンター

以前の方が、AirDrop設定がわかりやすいですね。

コントロールセンターのデザインは、iOS11から大きく変更されました。
iOS10までのコントロールセンターでは、AirDropの設定が目立つ位置にありました。

 - iPhone