Mac、iPhone、iPad

アップル製品の悩み解決!

iPhone

iPhone配送修理の体験談、Apple公式サポートでバッテリー交換

iPhone配送修理の体験談、予備のiPhoneがあれば超便利ですよ。

配送修理で、iPhoneのバッテリーを交換しました。

時間はかかるけど、配送修理は思った以上に便利でした。

2018年の12月末までに、バッテリー交換が3,200円に割引なる「バッテリー交換プログラム」で、「iPhone6S Plus」のバッテリーを交換することにしました。
しかし、Apple直営Storeや、Apple正規サービスプロバイダでは、予約が目一杯で、全く予約ができません。

そんな状況だったので、アップル公式HPから、配送修理を申し込みました。
「バッテリー交換プログラム」の駆け込み需要で、通常の時期より時間がかかったようですが、配送料もかからず、想像してたより、全然、快適でした。

配送修理のデメリット

配送修理の唯一のデメリットは、「修理期間中は、iPhoneが使えなくなること」です。

通常は、1週間程度、修理に時間がかかるようです。

しかし、私の場合は、「iPhone6S Plus」は、旧機種の予備機であり、現在使っているのは「iPhone8Plus」です。

代えのiPhoneを持っている人にとっては、わざわざ店頭で待って、修理してもらうより、配送修理の方が便利だと感じました。

予備のiPhoneがあれば、全然OKですよ。

アップル公式HPから、配送修理の申し込み

自分のアップルIDで、サポートページにサインインします。

配送修理の申し込み。

バッテリー交換だけなら、メニューから「バッテリー交換」を選ぶだけです。

液晶の画面割れなど、他の症状での修理なら、メニューから不具合の状況を選んで、修理内容を選択します。

配送料はかからず、アップルの負担です。
さすが、アップル、太っ腹ですね。

クレジットカード支払いと、宅急便での料金代引きの、2種類の支払い方法が選べます。

修理料金は、クレジットカードでの支払いが可能です。

配送修理の準備作業、7つのポイント

iPhone配送修理の時の注意点は、次の7つです。

1、アップルウォッチとの、ペアリングを解除

iPhoneを修理に出す前には、一旦、アップルウォッチとのペアリングを解除しておきます。

2、データをバックアップする。

修理後は、データは消去されます。

配送修理が終わって、帰ってきたiPhoneは、初期状態の「こんにちは」画面になっています。

データは全て消去されています。
データのバックアップは自己責任です。

3、「iMessage」をオフ

iPhoneの「設定」「メッセージ」から、「iMessage」をオフにします。

4、「iPhoneを探す」をオフ

これ、とっても大切です。

修理のためであっても「iPhoneを探す」が有効の状態では、所有者以外の人が、iPhoneを操作できません。

必ず、「iPhoneを探す」をオフにします。

5、データを消去する。(任意)

個人情報の保護のため、データを消去しましょう。

iPhoneのデータを消去するには、「設定」「一般」「リセット」から、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

iPhoneの配送修理では、iPhoneのロックを解除して、宅急便に手渡すことになります。
万が一の、個人情報の悪用に備えて、全てのデータを消去しておきましょう。

どっちにしろ、iPhoneが修理から帰ってきたら、データは全て消去されています。

6、SIMを抜く。

SIMを挿したままだと、紛失の可能性があります。

アップル公式の配送修理では、SIMカードを抜くように指示があります。
もし、配送修理に出して、SIMカードが紛失しても、保証の対象外です。

自己責任で、SIMカードを抜いて管理しておきましょう。

7、カバー、ケース、保護フィルムを外す。

修理するには、iPhoneを分解します。

カバーやケースや、保護フィルムがあると、iPhoneの分解ができません。
外さなかった場合には、保証の対象外です。

この7つで、iPhoneの回収準備は完了です。

翌日に、宅急便が回収に来る。

回収では、むき出しのiPhoneを手渡しするだけ。

アップル公式HPから、修理を申し込むと、翌日にヤマト運輸が、iPhoneの回収に来ました。

回収では、クロネコヤマトの担当者の方に、むき出しのiPhoneを手渡しするだけで、料金の支払いもありません。
梱包なども不要で、回収するクロネコヤマトが梱包してくれます。

配送修理の進捗は、HPで確認できる。

アップル公式サポートページで、宅急便の追跡番号が確認できます。

クロネコヤマトHPで、配送状況を追跡できます。

修理が終わると、返送されます。

アップルでの、修理が終了した状況です。

修理が終わって、iPhoneが出荷されました。

返送の状況も、クロネコヤマトの追跡番号で確認できます。

配送修理が終了して、iPhoneが到着

丁寧な梱包で、iPhoneが到着しました。

ダンボールの中に、白い箱が入っています。

iPhoneは白い箱の中に入っていました。

iPhoneの下に、90日間の保証書も入っています。

iPhone本体は、保護フィルムに包まれています。

iPhoneを起動すると、初期状態の「こんにちは」の画面になります。

以上、iPhoneの配送修理の体験談でした。

-iPhone

関連記事

iCloud容量不足でiphoneがバックアップできない時の増量なしでの対処方法

iCloudの容量不足で、iPhoneのバックアップができなくても、増量なしで対処できます。 iPhoneバックアップに失敗 iPhoneバックアップの設定方法です。 「このiPhoneをバックアップ …

GoogleドライブにアップしたiPhoneの写真がパソコンで開けない時の、2つの対処方法

iPhoneで撮影した写真を、Googleドライブにアップロードしたら、拡張子が「heic」で、Windowsパソコンで開けない。 画像変換ツールを使わずに、iPhoneの写真をWindowsパソコン …

ソフトバンクのiPhone、迷惑メールを完全にブロックする設定方法、キャリアメール(@softbank.ne.jp)

ソフトバンクのキャリアメール(@softbank.ne.jp)の、迷惑メール対策です。 たまにしか使わないキャリアメール、迷惑メールを撃退する設定方法です。 迷惑メールが多い、キャリアメール 普段は「 …

iPhoneキーノートアプリで写真を図形で切り取るマスク、丸や星形、iPadでもOK

iPhone&iPadアプリ「Keynote」でも、写真をいろんな形に切り抜けます。 iOS「Keynote」アプリで写真を切り取る方法 写真を、「円形」と「リンゴ形」に切り取ってみます。 …

iPhoneのKeynoteでプレゼン、テレビやプロジェクターにミラーリングしてプレゼンテーションする方法

iPhoneの画面をテレビやプロジェクターに映して、プレゼンをする方法です。 iPhoneのプレゼンに必要な機器・アプリ iPhone、iPadがあれば、プレゼンにMacなどのパソコンは不要です。 i …