Mac、iPhone、iPad

アップル製品の悩み解決!

Mac

MacのターミナルでFTPが廃止、High SierraからはSFTPで。

MacOSのHigh Sierraからは、セキュリティ強化のため、FTPが廃止されました。

MacのFTP、セキュリティ強化で廃止

FTP、File Transfer Protocol

FTPとは、ファイルを転送するプロトコルです。
Macのターミナルのftpコマンドとして使用し、サーバーとMacの間のファイル転送に、昔から使われていました。

しかし、FTPは暗号化されていないので、セキュリティ上の弱点があります。

そのため、2017年の9月にリリースされた、MacOSハイシエラから、ターミナルでのFTPコマンドが廃止されました。

High Sierraは、macOSのバージョン10.13です。
MacでFTPがサポートされていたのは、macOSのバージョン10.12のSierraまでとなります。

アップルHPのサポートコミュニティでも、セキュリティ上の理由で、ターミナルでFTPコマンドが廃止されたと、アップルから公式に回答されています。

「command not found」

私は、サーバーにちょっとしたファイルをアップロードするのに、FTPを使っていました。
しかし、OSアップデート後に、ターミナルでFTPと入力しても、
「-bash: ftp: command not found」
となるので、ちょっと焦りました。

macOSインストールのトラブルで、FTPコマンドが効かなくなったのかと、最初は思いました。

いろいろ調べてみると、FTPコマンドは、ひっそりとサポートが終了し、廃止されていたんです。

SFTPとは?、macOSに標準装備

FTPのセキュリティが強化版がSFTP、macOSに標準装備されています。

SFTP、SSH File Transfer Protocol

SFTPとは、SSHで暗号化されたFTPです。

SFTPは、暗号化されているFTPなので、単なるFTPと比べるとセキュリティが高まっています。

MacOSのHigh Sierraからは、ターミナルで、このSFTPを、FTPの代わりに使うことになります。

現行の「macOS10.14.Mojave」でも、SFTPを使います。

サーバーもSFTP対応が必要

MacだけがSFTP対応じゃダメ。

SFTPは、端末とサーバーの両方がSFTPに対応していないと使えません。

Macのターミナルは、SFTPをサポートしていますが、サーバー側がSFTPをサポートしていない場合は、接続できないのです。

ほとんどのサーバーでは、SFTPをサポートしているので、まず心配ありませんが、一部のサーバーでは、もう一つの暗号化方式のFTPSだけをサポートして、SFTPに対応していない場合もあります。

FTPS、もう1つの暗号化FTP

暗号化されたFTPには、SFTPの他にも、FTPSがあります。

FTPS、File Transfer Protocol over SSL/TLS

FTPSとは、SSL/TLSで暗号化されたFTPです。

このFTPSは、暗号化の方式はSFTPと違いますが、ほぼ同じ機能のプロトコルです。

しかし、macOSハイシエラのターミナルでは、FTPSのコマンドはサポートされていないため、使えません。

もし、サーバー側がSFTPをサポートしてなくて、FTPSだけのサポートの場合には、是非とも使いたいコマンドです。

FTPSは、MacOSのバージョンアップで追加して欲しい機能です。

FTPとSFTP、使い方の違いは?

基本のコマンドは同じで、サーバー接続が、ちょっと違うだけ。

FTPでも、SFTPでも、基本的なコマンドは、同じです。

SFTPでは、Mac のターミナルで「sftp」とコマンドを打ち込みます。
同時にその時、接続先のサーバー名と、ユーザー名を指定します。

「sftp ユーザー名@サーバー名」

以前のftpでは、ftpと打ち込んだ後に、openコマンドでサーバー名とユーザー名を指定していました。

sftpでは、最初にユーザーとホストサーバーをまとめて入力します。

ターミナルでsftpと打ち込めば、ヘルプを返してくれます。
英語ですが、読めばなんとなく使い方がわかると思います。

サーバーに接続すると、パスワードの入力が求められます。

>sftpと表示されれば、ログイン成功です。
ここまでの接続が、FTPとSFTPでは、ちょっと違うだけ。
サーバーに接続した後は、使い方は同じです。

コマンド 内容
pwd サーバーの、現在のディレクトリのパスを表示
ls サーバーの、現在のディレクトリのファイル一覧を表示
cd サーバーの、ディレクトリの移動
rm サーバーの、指定ファイルを削除
lpwd パソコンの、現在のディレクトリのパスを表示
lls パソコンの、現在のディレクトリのファイル一覧を表示
lcd パソコンの、ディレクトリの移動
put パソコンにある指定ファイルを、アップロード
(パソコンからサーバーへ)
get サーバーにある指定ファイルを、ダウンロード
(サーバーからパソコンへ)
bye sftpを終了し、サーバーと切断

ローカルのパソコン側の操作には、小文字のLの「l」が付きます。

まとめ、MacのFTPがSFTPに変更

これからMacのターミナルではSFTPを使います。

  • High Sierraからは、FTPが廃止された。
  • FTP廃止の理由は、セキュリティ向上のため。
  • 暗号化されたSFTPが標準装備されている。
  • ターミナルでFTPの代用は、SFTPになる。
  • 暗号化されたFTPSのサポートはない。
  • SFTPの使い方は、基本的にFTPと同じ。

これまでも、サーバー側が、暗号化されていないFTPのサポートを打ち切って来ていました。

Macのターミナルでも、正式にFTPのサポートを打ち切ったことで、今後はセキュリティが高いファイル転送が行えます。

ついつい、普通のFTPコマンドを使っちゃってた、私のようなタイプの人でも、この機会にセキュリティが強化され安心です。

-Mac

関連記事

MacでDVDをコピーする方法、イメージファイルを作成してDVD-Rに書き込み

MacでDVDビデオを、ダビング・複製する方法を、画像で解説します。 MacでDVDビデオを複製・ダビングする方法、取り込みからコピーまで DVDビデオ形式の複製を、Macで作る方法を、画像で丁寧に紹 …

MacとiPhoneで英語の大文字と小文字の強制変換の対処方法。Pages、 Numbers、Keynote

英語の大文字と小文字が強制的に変換される時の対処方法を紹介します。 MacとiPhoneのiWorks「Pages、Numbers、Keynote」 英字入力で、大文字と小文字が変換されて困る。 全て …

体験談、MacBookAirの13インチ、2018年Retinaディスプレイモデルを購入

MacBookAirの13インチ、2018年Retinaディスプレイモデルを購入しました。 メモリは8GB、ストレージのSSDは「256GB」にしました。 MacBookAirの2018年Retina …

体験談、アップル純正「USB-C-USBアダプタ」、MacBookAir2018とセットで購入

アップル純正「USB-C-USBアダプタ」を購入しました。 MacBookAir2018には、USCタイプCが2つだけ。 MacBookAirと、USBタイプA機器の接続には、アダプターが必要です。 …

Mac外付けHDD「パーティション作成」ボタンが選択できない時の対処方法

Macの外付けHDDで、パーティションの分割ができない時の対処方法です。 Macの「ディスクユーティリティ」アプリ Macの外付けHHDで「パーティション作成」が半透明のグレーアウトになって、ボタンが …